サロンカラーとホームカラーの違い

写真 ホームカラーは、安く手に入るし、家で手軽に出来ちゃうので、
実際市販のカラー剤で染めている方も少なくありません。
しかし、髪のことを考えると、良くないことがあります。そもそも市販のカラー剤は、「誰でも簡単に染められる」ように強く作られています。

1剤、2剤という言葉をよく聞くと思いますが、1剤は色、2剤はそれを髪に浸透させるものです。市販のカラー剤はこの、2剤が日本基準の最強レベルで販売されています。
これが「ダメージ」の原因なんです。なんと、ダメージはサロンカラーの約5倍なのです…!

当美容院のカラーリングはベースの髪の色を考えてから、お客様一人ひとりの髪質に合わせて最小限の傷みで抑えるように調合して薬を作るので、希望の色になりすてきなヘアスタイルを守ります。

そして、ヘアトリートメントの種類も豊富なので、仕上がり後の手触りもごわつかず、パサつきにくいのです!
当美容院では、アルカリカラーと酸性カラーを使い分けて施術していくので、他のお店にはできないオリジナルなヘアカラーリングが可能です。

カラーしたあと、色が抜けて明るくなってしまった経験ありませんか?

カラーをしてから日が経つと、カラーが抜けてもとの髪色より明るくなってしまった!!なんてことありませんか?
これには、カラー剤の種類が関係しているんです。

ふつう美容院で使うカラー剤は「アルカリカラー」といって、一度髪の色を明るくしてから希望の色が入っていく仕組みなので、
入れた色味が抜けた時に明るくなったように髪がみえてしまう!ということになるんです。
写真 しかし、髪の色を今より明るくしたい場合はこのアルカリカラーが必要なんです!

もう一つ、「酸性カラー」というものがあります。こちらは、もとの髪の色はそのままで、その上に希望の色をかぶせるという仕組みなので、入れた色味が抜けても明るくならず、色の持ちが良い!というものです。
当美容院のカラーは新しく生えてきた根元の新生毛にはアルカリカラー、色味が蓄積されている毛先には酸性カラーと使い分けているので髪のダメージを最小限におさえられるのです。

Wishのこだわり!トリートメントカラー

一般的に美容院のカラーはアルカリカラーといって、髪に負担となるアルカリという成分が入っていますが、当美容室のカラーは髪の毛と同じ(弱酸性)酸性カラーで塗っていきます。髪に負担がかからず、色味だけ入れることのできる優れものなんです!!!
しかも、アルカリカラーで塗っても、酸性水をつけていくので、Wishのカラーは傷みを最小限に抑えられるんです!!
写真

ストレートパーマと縮毛矯正の違いは?

写真

発毛と育毛の違い

発毛は毛がなくなってきたところに生えてくるようにする為に飲む薬、
育毛は今ある毛根を痩せさせない(痩せると毛が細くなり、抜けやすくなります)為に
太く長く伸び続けるようにヘッドスパで血行を良くしたり、シャンプー、トリートメント、ローション(育毛剤)で頭皮ケアをすることです。

市販のシャンプー剤は石油系の洗浄成分で脱脂力が強く、皮脂を取りすぎてしまうので、
頭皮が乾燥して硬くなってきます。硬くなると毛細血管が圧迫され、血流が滞り毛根への栄養が遮断されます。
すると栄養がいかなくなった毛根は小さくなって毛が痩せていってしまいます。

そうならないためにまずは頭皮を柔らかくしてくれる成分が入っていて、
保湿できるシャンプー、トリートメント、ローションでやわらかく保ち、頭皮は筋肉がなくて自ら動けないので、
シャンプー中に頭皮を中央に寄せるように両手で圧をかけ持ち上げたり、手をグーにしてグルグルまわしながら圧をかけてやってみて下さい。

発 毛

(飲み薬)

現在は内科で処方してくれる薬「プロペシア」があり、薄くなってきたところに毛を復活させるべく飲む薬です。発毛は薄くなってきた箇所に生やすというヘアサイクルを整える為の薬です。

早めの処置を取ると効果が大きいようで実は美容師仲間で飲んでいる人も多いです。ジェネリックもあるので、続けるには初めに病院に診てもらって相談してください。詳しくはAGA(news)オフィシャルHPをみてくださいね。

育 毛

(ヘッドスパ、シャンプー、トリートメント、ローション)

写真 右のグラフのように40代、50代、60代でも毛が細くなり薄くなっていくのを育毛ケアすることにより、なだらかな曲線になるので、今すぐ効果が見えないからと使うのをやめてしまわずに使い続けることがこれから先の良い毛髪を作ります。

続ける、続けないで大きな差になりますので、すぐに効果があらわれなくても続けることが大切です!

ヘアサイクル

写真 髪の毛は正常な状態でも1日に50~100本くらい自然と抜けてしまいます。
これは髪の成長期・退行期・休止期というヘアサイクルがあり、
1本1本が頭皮ケアによって変動します。サイクルが変動すると右の図のようになります。
正常なヘアサイクルでは成長期が長く、しっかりと太い髪が生えやすい状態。
乱れたサイクルだと成長期が短いため、髪が十分に成長できずに、
ハリコシのない細毛になりやすく、休止期が長くなり、脱毛の可能性が高くなります。

シャンプー

写真
WishおすすめCOTAシリーズ
このシリーズは、地肌を柔らかく保つ効果のある有効な成分が入っているので、
シャンプー後はトリートメントを髪になじませたら、そのまま地肌までなじませることにより保湿して、
柔らかい頭皮をキープしつつ、過剰な皮脂の分泌を抑制してくれます。
そして、よくすすいでも効果的な成分はイオン吸着でしっかり残ってくれるので、必ずよくすすいで下さい。

炭酸泉トリートメント

写真 頭皮に炭酸泉をかけることで、細かい泡が肌の表面に付着します。
この泡は気泡が溶けず残った炭酸ガスです。これが皮膚から吸収されると、
血管を拡張させ、血流がよくなり結果として毛細血管が刺激され、
皮膚疾患の改善につながるのです。
また、PHが調整され、カラーやパーマで残ったアルカリを
除去してくれます。素髪の良い状態に戻してくれます。
Hair Healing Wish
Luxury Salon WIsh
MENU
Q&A
サロンカラーと
ホームカラーの違い

開閉

ホームカラーは、安く手に入るし、家で手軽に出来ちゃうので、
実際市販のカラー剤で染めている方も少なくありません。
しかし、髪のことを考えると、良くないことがあります。そもそも市販のカラー剤は、「誰でも簡単に染められる」ように強く作られています。

1剤、2剤という言葉をよく聞くと思いますが、1剤は色、2剤はそれを髪に浸透させるものです。市販のカラー剤はこの、2剤が日本基準の最強レベルで販売されています。
これが「ダメージ」の原因なんです。なんと、ダメージはサロンカラーの約5倍なのです…!

当美容院のカラーリングはベースの髪の色を考えてから、お客様一人ひとりの髪質に合わせて最小限の傷みで抑えるように調合して薬を作るので、希望の色になりすてきなヘアスタイルを守ります。

そして、ヘアトリートメントの種類も豊富なので、仕上がり後の手触りもごわつかず、パサつきにくいのです!
当美容院では、アルカリカラーと酸性カラーを使い分けて施術していくので、他のお店にはできないオリジナルなヘアカラーリングが可能です。
写真
カラーしたあと、
色が抜けて明るくなってしまった
経験ありませんか?

開閉

カラーをしてから日が経つと、カラーが抜けてもとの髪色より明るくなってしまった!!なんてことありませんか?
これには、カラー剤の種類が関係しているんです。

ふつう美容院で使うカラー剤は「アルカリカラー」といって、一度髪の色を明るくしてから希望の色が入っていく仕組みなので、
入れた色味が抜けた時に明るくなったように髪がみえてしまう!ということになるんです。
しかし、髪の色を今より明るくしたい場合はこのアルカリカラーが必要なんです!

もう一つ、「酸性カラー」というものがあります。こちらは、もとの髪の色はそのままで、その上に希望の色をかぶせるという仕組みなので、入れた色味が抜けても明るくならず、色の持ちが良い!というものです。
当美容院のカラーは新しく生えてきた根元の新生毛にはアルカリカラー、色味が蓄積されている毛先には酸性カラーと使い分けているので髪のダメージを最小限におさえられるのです。
写真
Wishのこだわり!
トリートメントカラー

開閉

一般的に美容院のカラーはアルカリカラーといって、髪に負担となるアルカリという成分が入っていますが、当美容室のカラーは髪の毛と同じ(弱酸性)酸性カラーで塗っていきます。髪に負担がかからず、色味だけ入れることのできる優れものなんです!!!

しかも、アルカリカラーで塗っても、酸性水をつけていくので、Wishのカラーは傷みを最小限に抑えられるんです!!
写真
ストレートパーマと
縮毛矯正の違いは?

開閉

写真

写真

写真

写真
発毛と育毛の違い

開閉

発毛は毛がなくなってきたところに生えてくるようにする為に飲む薬、育毛は今ある毛根を痩せさせない(痩せると毛が細くなり、抜けやすくなります)為に太く長く伸び続けるようにヘッドスパで血行を良くしたり、シャンプー、トリートメント、ローション(育毛剤)で頭皮ケアをすることです。

市販のシャンプー剤は石油系の洗浄成分で脱脂力が強く、皮脂を取りすぎてしまうので、頭皮が乾燥して硬くなってきます。硬くなると毛細血管が圧迫され、血流が滞り毛根への栄養が遮断されます。
すると栄養がいかなくなった毛根は小さくなって毛が痩せていってしまいます。

そうならないためにまずは頭皮を柔らかくしてくれる成分が入っていて、保湿できるシャンプー、トリートメント、ローションでやわらかく保ち、頭皮は筋肉がなくて自ら動けないので、シャンプー中に頭皮を中央に寄せるように両手で圧をかけ持ち上げたり、手をグーにしてグルグルまわしながら圧をかけてやってみて下さい。
発 毛

(飲み薬)

現在は内科で処方してくれる薬「プロペシア」があり、薄くなってきたところに毛を復活させるべく飲む薬です。発毛は薄くなってきた箇所に生やすというヘアサイクルを整える為の薬です。

早めの処置を取ると効果が大きいようで実は美容師仲間で飲んでいる人も多いです。ジェネリックもあるので、続けるには初めに病院に診てもらって相談してください。詳しくはAGA(news)オフィシャルHPをみてくださいね。
育 毛

(ヘッドスパ、シャンプー、トリートメント、ローション)

下のグラフのように40代、50代、60代でも毛が細くなり薄くなっていくのを育毛ケアすることにより、なだらかな曲線になるので、今すぐ効果が見えないからと使うのをやめてしまわずに使い続けることがこれから先の良い毛髪を作ります。

続ける、続けないで大きな差になりますので、すぐに効果があらわれなくても続けることが大切です!

写真
ヘアサイクル

開閉

髪の毛は正常な状態でも1日に50~100本くらい自然と抜けてしまいます。
これは髪の成長期・退行期・休止期というヘアサイクルがあり、1本1本が頭皮ケアによって変動します。サイクルが変動すると下の図のようになります。
正常なヘアサイクルでは成長期が長く、しっかりと太い髪が生えやすい状態。
乱れたサイクルだと成長期が短いため、髪が十分に成長できずに、ハリコシのない細毛になりやすく、休止期がながくなり、脱毛の可能性が高くなります。

写真
シャンプー

開閉

WishおすすめCOTAシリーズ
写真 このシリーズは、地肌を柔らかく保つ効果のある有効な成分が入っているので、
シャンプー後はトリートメントを髪になじませたら、そのまま地肌までなじませることにより保湿して、
柔らかい頭皮をキープしつつ、過剰な皮脂の分泌を抑制してくれます。
そして、よくすすいでも効果的な成分はイオン吸着でしっかり残ってくれるので、必ずよくすすいで下さい。
炭酸泉トリートメント

開閉

頭皮に炭酸泉をかけることで、細かい泡が肌の表面に付着します。
この泡は気泡が溶けず残った炭酸ガスです。これが皮膚から吸収されると、血管を拡張させ、血流がよくなり結果として毛細血管が刺激され、皮膚疾患の改善につながるのです。
また、PHが調整され、カラーやパーマで残ったアルカリを除去してくれます。素髪の良い状態に戻してくれます。

写真

ご予約お問い合わせはこちら

Hair Healing Wish
Luxury Salon WIsh
PAGE TOP